チュジフンファンのためのチュジフン応援サイト!

チュジフンファンのためのチュジフン応援サイト!
韓国俳優チュジフンを応援するサイトです!チュジフンのDVDからタオル、ハンカチまでなんでも揃っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL スポンサー広告 コメント : - トラックバック : -

『宮』サントラの“顔のない歌手”STAY 正体はシム・テユン

イ・ジョンヒョン/WA-come on
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070828-00000036-wow-ent
2001年、コミカルなダンス曲『なんですか? 』でデビューした歌手シム・テユンが、韓国ドラマ『宮~Love in Palace』のサントラに参加した“顔のない歌手”STAYであったことが、一足遅く明らかとなった。

『宮~Love in Palace』の作品紹介とあらすじ

先頃、デジタルシングル『僕を忘れないで』で活動を再開したSTAYだが、実はシム・テユンであったことが明らかとなり、ネット上で話題となっている。

シム・テユンはこれまでのコミカルなイメージのままでは、音楽活動を行うのに限界があると判断。芸名を“STAY”に変え活動を始めたと告白した。
人気を博したドラマ『宮』サントラで、チュ・ジフンのテーマ曲だった『君も…僕も愚かだね』で注目を集めた“ベールに包まれた歌手”STAYがシム・テユンであったという事実に、多くのネットユーザーが爆発的な反応を見せている。

最近発売されたSTAYのシングルは、総4曲が収録されており、これまでシム・テユンが見せてきたジャンルとは違う、切ない歌声で好評を博している。今後、シム・テユンが“STAY”の名で、どんな活躍を見せてくれるかが期待される。
Copyrights(C)Reviewstar & etimes Syndicate & wowkorea.jp

『宮』 スペシャルDVD発売決定
『宮』ファンら「チュ・ジフンとJohn-Hoonのドラマ、どっちを見る? 」
『宮』チュ・ジフン&『宮S』パク・シネ 暖かな“ハグ”
チュ・ジフン&ユン・ウネ ドラマ『宮』以来9か月ぶりの再会
ユン・ウネ「争いに立ち入りたくない」 『宮』論争に複雑な心境告白




◆韓国ドラマ関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

スポンサーサイト

【韓流ドラマDVDナビ】 ジョンフンのオレンジ DVD-BOX1

 ラヴ・クラシック~韓国ドラマで出逢ったクラシック / オムニバス
大ヒット韓国ドラマ『宮~Love in Palace』で悲運の王子・ユル役を好演し、一躍トップスターへの階段を駆け上ったJohn-Hoon(キム・ジョンフン)のデビュー作『オレンジ DVD-BOX1』が2007年12月7日発売される。

現時点(2007年8月)では、韓国国内でもDVD化はされておらずJohn-Hoon(キム・ジョンフン)ファンにとって幻となっていた作品。

強烈な太陽の下、超大型プール施設で働くライフガードたちの青春シットコム『オレンジ』。『フルハウス』のハン・ウンジョンやイ・ジョンス、チョ・ユニなど多くの若手俳優とともに当時K-POPアイドルグループUN(ユーエヌ)のメンバーだったJohn-Hoon(キム・ジョンフン)は歌手兼業を宣言して演技デビュー。

全72話のうち、43話でJohn-Hoon(キム・ジョンフン)が学業専念のため途中降板し代わりにRain(ピ)が登場したことで当時はネット上で双方のファンの激しい衝突が繰り広げられたほど人気を博し話題となった。

今回はJohn-Hoon(キム・ジョンフン)が出演していた43話までの発売。

発売日 l 2007年12月7日
発売元 l ブロードウェイ
価格 l 15750円(税込み)

ユン・ウネ キム・ジョンフン日本でファンミーティング開催
元UN(ユーエヌ)キム・ジョンフン「可愛らしい外見がコンプレックスだった」
元UNキム・ジョンフン 日本ソロデビュー
ウォンビンとキム・ジョンフンは“似た者イケメン”? 
元UN(ユーエヌ)キム・ジョンフン “イケメン変遷史! ”

(引用 yahooニュース)




◆韓国ドラマ関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

日韓で男装ヒロインが大ブーム 韓国ドラマの新しい風になることを期待

TVサントラ/新入社員オリジナル・サウンドトラック(DVD付)
ツカサネット新聞の読者のみなさま、お久しぶりです。この暑い夏をいかがお過ごしでしょうか? 花火大会や夏ならではのイベントに参加する方もいれば、エアコンがついた部屋でテレビ三昧な日々を送られている方もいるかもしれません。

夏は外出する人も多い中で、全般的に視聴率が下がると言われています。中7月スタートのドラマで話題なのが『花ざかりの君たちへ』。このドラマは堀北真希演じるアメリカ帰りの主人公が、女性であることを隠してイケメンぞろいの高校に男子生徒として編入するという、ちょっと変わった設定で人気を得ています。実は、時を同じくして韓国でも、このドラマによく似た設定のドラマが大ヒットしているのです。

日本でも放送され話題になった『宮』というドラマで一躍トップ女優に踊り出たユン・ウネの最新作、『コーヒープリンス1号店』が韓国で今、旋風を巻き起こしています。このドラマも『花ざかりの君たちへ』同様、ヒロインが男装してコーヒーショップで働くうちに、オーナーと恋に落ちるというラブストーリー。これまで主演のユン・ウネは、女の子らしさを前面に押し出した役が多かったが、今回のドラマでは男装しながら一家の家長として働く設定のため、長かった髪をバッサリ切り、声や歩き方など男性としての立ち振る舞いを研究してドラマ撮影に望んだといいます。その結果、彼女の男装姿が話題になり、ドラマが大ヒットし、放送回数が延長になるまでの人気を博しています...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




◆韓国ドラマ関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

韓国ドラマ『思いっきりハイキック! 』キャスト 今度は試写会に参加

 オールイン(1) / イ・ビョンホン
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070828-00000015-wow-ent
人気のうちに放映を終了した韓国MBCのシットコム『思いっきりハイキック! 』の出演陣が、放送終了後も結束の強さを見せつけ、注目を集めている。

『思いっきりハイキック! 』の作品紹介とあらすじ

27日午後2時、ソウル鍾路(チョンノ)のソウル劇場で行われた映画『クォン・スンブン女史誘拐事件』のマスコミ試写に、去る25日にはソ・ミンジョンの結婚式にも連れ立って登場したチョン・イルとキム・ヘソン、キム・ボムが参加。同映画のヒロインである“おばあちゃん”ナ・ムニを応援しようと、再び一堂に会した。

この日、黒の服で統一してきた3人は、最後まで客席に座って映画を鑑賞。また、“長男”チョン・ジュナは、試写会前に上映された映像メッセージで興行の成功を祈った。
広報側は、「去る土曜日、ソ・ミンジョンさんの結婚式に列席した“ハイキック”キャストから、今日、ナ・ムニさん主演映画のマスコミ試写会があるという話を聞き、一緒に観に来る約束をしたようだ」と伝えている。

『クォン・スンブン女史誘拐事件』は、ドジな誘拐犯3人組が、クォン・スンブン女史を誘拐したことから繰り広げられるドタバタ劇。『アタック・ザ・ガスステーション! 』『風林高』『ジェイル・ブレーカー』などで知られるキム・サンジン監督の3年ぶりの復帰作となる。9月13日公開予定。
Copyrights(C)sports donga & etimes Syndicate & wowkorea.jp

キム・ビョンウクPD 「『思いっきりハイキック! 』は僕の中の最高作品」
人気シットコム『思い切りハイキック』視聴率19.5%で終わる
『思いっきりハイキック』ミンミンカップル 視聴者を感動させた“美しい別れ”
シンジ『思いっきりハイキック』最後の撮影で涙! 
『思いっきりハイキック! 』チェ・ミニョン 出演料仮差押さえ! 




◆韓国ドラマ関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

シン・ドンウク 「ファンと一緒にチャリティーをやるのが夢」

◆新品DVD★『LOVER THE KOREAN BEST MUSIC VIDEO & STILL COLLECTION』ペ ヨンジュン★
「付き合ってみたい年下の男性No1」の異名をとる“次世代韓流スター”シン・ドンウクが、日本オフィシャルサイトと公式ファンクラブの結成を記念し、初の公式来日。23日、合同インタビューが行われた。

シン・ドンウクはドラマ『雲の階段』『ソウルメイト』で注目され、最高視聴率30%を記録した大ヒットドラマ『銭の戦争』では大御所パク・シニャンのライバル役を熱演。演技力の高さをみせつけた。『雲の階段』『ソウルメイト』がCS局で放映されたことから、日本の韓流ファンの間でも人気が急上昇。最新作『銭の戦争』も日本放映が決定しているという。
インタビュー当日、姿を現したシン・ドンウクは、紳士的な物腰で取材陣に一礼。82年生まれとは思えぬ、落ちついた受け答えでインタビューに応じてくれた。

『銭の戦争』の作品紹介とあらすじ

シン・ドンウク「こうして公式的に日本を訪問することができ、非常に光栄です。今後もさまざまな姿で皆様におあいできればと思います

-日本は初めてですか? 日本の印象は? 
シン・ドンウク「2回目です。1回、『ソウルメイト』というドラマのエンディングシーンを撮影するために来日したことがあります。新宿でロケをしたのですが、その時は翌日に放送を控えていたので、到着してすぐ撮影に入ってすぐ帰国してしまったんですね。
印象としては、日本の人はとても親切だということですね。それと、僕はこれまで、韓国の女性が世界で一番美しいと思い、韓国人であることを幸せに思っていたのですが、日本の女性もとても美しくて(一同笑)驚きました」

-『ソウルメイト』の撮影で来日された時は、どこか遊びに行かれましたか? 
シン・ドンウク「その時は午後7時に到着して、ホテルに荷物を置いて、ロケ場所を探すため新宿や六本木や、あちこちを歩き回りました...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




◆韓流スター関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

チュジフン応援サイト内検索
ブログランキング
RSSフィード
リンク集
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。