チュジフンファンのためのチュジフン応援サイト!

チュジフンファンのためのチュジフン応援サイト!
韓国俳優チュジフンを応援するサイトです!チュジフンのDVDからタオル、ハンカチまでなんでも揃っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL スポンサー広告 コメント : - トラックバック : -
コメントの投稿
新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

トラックバックURL
http://jujihun.blog104.fc2.com/tb.php/189-5ed6292c
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

韓国ドラマの主人公たち “銭”に対する様々な姿勢

オムニバス/韓国ドラマOSTコレクション DVD-BOX
韓国ドラマには様々なキャラクターが存在するが、金銭に対する姿勢もキャラクターの性格と環境によって様々だ。

主に、イケメンスターたちは生まれつき裕福な財閥2世役を演じている。彼らはハンサムな容姿と富を持って生まれ、すべてを金で解決しようとする性格を持っている。
それは、KBS(韓国国営放送)ドラマ『秋の童話』のテソク(ウォンビン)の名セリフ「いくらだったらいいんだ? 」でも、断片的にうかがうことができる。これらと反対に、世の中を恨みながら金を渇望するケースに、MBCドラマ『メリー&テグ 恋のから騒ぎ』のテグがいる。彼らは金がなく失業者として過ごすことが、自分のせいでもあり世の中のせいでもあると恨んでいる。

金を渇望するケースとしては、MBCドラマ『ファンタスティック・カップル』のチャン・チョルスが代表的だ。“ケチ”といわれながらも金を貯めるスタイル。スケールがドラマよりも大きい映画では、金を儲けようとするのは同じだが、スタイルは異なる“バクチ型”が登場する。映画『イカサマ師』の“チョンマダム”が代表的なこのケースは、ほとんどが宝くじやギャンブルで一攫千金を狙う。

『ファンタスティック・カップル』の作品紹介とあらすじはこちら

金と世の中を風刺し、人気を博したSBSドラマ『銭の戦争』ドッコ・チョル老人は、あらゆるものを超越した“哲学型”として、金の生み方と使い方を把握している。金銭に対する単なる欲望よりは、それ以上のものを見ることができるケース...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




◆韓国ドラマ関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

スポンサーサイト
コメントの投稿
新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

トラックバックURL
http://jujihun.blog104.fc2.com/tb.php/189-5ed6292c
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
チュジフン応援サイト内検索
ブログランキング
RSSフィード
リンク集
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。